バルトレックスは性病治療薬として有名ですが病院に行って診断してもらわないと処方してもらえないと思っていませんか?実はこの薬…処方箋なしに通販で購入できるのです!どのように通販で買えるか流れを説明します。

ノートパソコンで通販をしている男性達
  • ホーム
  • バルトレックスの処方は泌尿器科のほか何科を選ぶか

バルトレックスの処方は泌尿器科のほか何科を選ぶか

スマホを見ている男性

「バルトレックス」とよばれる薬は、ヘルペスの治療に使用される薬剤の一つです。
ヘルペスとは、水ぶくれが身体の一部に出ている状態の症状で、感染症の一種です。
ウイルス性のもので、ヘルペスウイルスによる代表的な病気は、口唇ヘルペス、性器ヘルペス、水稲、帯状疱疹などがあります。
症状は、水ぶくれ以外に、ぴりぴりとした痛みやかゆみ、発熱を伴います。
これらの症状が出た場合は、一体何科の病院に受診すれば悩むでしょう。
口唇にできるものは、皮膚科や内科、性器に発症する場合は、男性は泌尿器科が良いでしょう。

女性は何科になるかというと、泌尿器科のほか産婦人科が対応診療科となります。
ヘルペスは感染症であるので、人から人に感染するので、パートナーに症状があったり、自分に症状がある場合は、お互いが泌尿器科など医療機関に受診するようにしましょう。
そのほか何科の受診が妥当かというと、男女問わず性病科でしょう。
問診や視診でだいたいは、診断されますが、確定診断は血液検査で分かります。
これらに感染した場合の具体的な治療方法は、まずバルトレックスなどの内服薬を服用して様子を見ます。

発熱や激痛を伴うなど症状がひどい場合は、点滴や痛み止めの注射を打つなどを行います。
バルトレックスは、ヘルペスの治療で一番効果が期待できる薬であり、吸収率が高いことが特徴で即効性が期待できます。
口唇ヘルペスや性器ヘルペスは、再発することが多いです。
疲れがたまってきたり、ストレスが強くなったり、風邪をひくなど免疫力が低下するとまた症状が出やすくなります。
再発の可能性に気づいたら、早めに医療機関に受診して、バルトレックスなどの薬を服用して、早め人対処することで、軽い症状で済みます。

関連記事