バルトレックスは性病治療薬として有名ですが病院に行って診断してもらわないと処方してもらえないと思っていませんか?実はこの薬…処方箋なしに通販で購入できるのです!どのように通販で買えるか流れを説明します。

ノートパソコンで通販をしている男性達
  • ホーム
  • バルトレックスのジェネリックって出てるの?

バルトレックスのジェネリックって出てるの?

パソコンを使っている男性

バルトレックスの主成分はバラシクロビルであり、この成分はヘルペスや帯状疱疹に対して効果があり吸収効率が良くて副作用も少なくて済むというメリットがありますが、バルトレックスの欠点として薬価が高いという事が挙げられます。
病院で処方されて健康保険が適用される場合であっても、一錠当たりで500円程度とかなり高額なのです。
歯科もヘルペスの場合は感染した場合は一生付き合っていかなくてはならず、いくら便利であっても値段が高いのでは家計に対する負担が大きくなってしまいます。
そのために価格が安いジェネリックが欲しいという人も多いです。

ジェネリックはどうして安いのかというと、先発薬とは違って既に有効な成分が分かっている状態で開発を行うために、先発薬程の開発費用が掛からないので、その分だけ販売価格を抑えて売る事が可能となっています。
主成分は先発薬と同じであるために効果はほとんど同じであり、それでありながら価格が安いので最近はジェネリックが注目されています。
ただ、ジェネリックはどのような薬に対してもあるという訳では無く、先発薬の特許が期限を迎えていなければ他の会社がジェネリックを販売する事は出来ないです。
バルトレックスの場合は特許が2013年の12月に期限を迎えているために、ジェネリックも既に登場しているので個人輸入を利用して海外のジェネリックを購入する事も可能です。
バルトレックスの欠点である薬価と比べて大分価格が抑えられており、製品にもよりますが一錠当たり300円程度、安い製品だとおよそ200円という製品もあります。
バルトレックスが必要であるが購入する度に家計に大きく影響して困っているという人は、ジェネリックに切り替える事を検討してみると良いです。

関連記事